ORIGINAL THEME  
 
:: 講座案内
:: メインメニュー
:: ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

:: 検索
:: テーマ選択

(2 テーマ)

♪パソコンふれあい館せや会員交流室案内板!
  ユーザ登録   お問い合わせ   パソコン情報交換板   きまぐれ所感   フリーソフトダウンロード   お気に入り   ビデオレター
Windows2010投稿者: akira 投稿日:2009/11/21(Sat) 15:40 No.232  
本日、マイクロソフト社からWindows2010ベータ版の知らせがあり、早速ダウンロードしてみました。2007と全く同じといってもいいくらいで、あまり変わりありません。お知らせまで!!!



office web appは?投稿者: tujikawa 投稿日:2009/11/22(Sun) 20:30 No.234  

akiraさん、

office 2010の最大のウリは、web上のofficeとの連携だと思います。できたらoffice web appをダウンロードし使い勝手をレポートしていただけませんか? 私のXPにはofficeが入ってないためかうまくoffice 2010をダウンロードできないのでテストもできません。
和泉川にサケ溯上投稿者: 辻川和伸 投稿日:2009/11/11(Wed) 20:14 No.227  
昨日夕方、NHK横浜放送局が和泉川にサケが溯上したことを伝えていました。
北海道のサケ溯上は良く聞きますが、和泉川にサケが溯上するとは珍しいですね。
右上のホームボタンをクリックするとNHKニュースを見ることができます。



サケ瀬谷区にも投稿者: 辻川和伸 投稿日:2009/11/21(Sat) 19:34 No.233  

神奈川新聞によると、神奈川県では11月上旬からサケの目撃情報が急増し、
相模川、酒匂川、多摩川など9河川で40匹見つかっているそうです。
また19日発行のタウンニュース瀬谷区版によると、
13日に泉区と瀬谷区の境の宮沢橋付近でも一匹見つかったそうです。⇒ HOMEクリック
区民活動センターのある二ツ橋交差点からだと宮沢橋は確か3〜4kmの所ですね。
二ツ橋水辺公園付近では小魚は良く見掛けるし、亀を見たこともありますが、
さすがにサケはみたことありません。明日は自転車でサケ探検に出掛けてみようかな?



秋の夜長の愚問です投稿者: nyse 投稿日:2009/11/21(Sat) 10:37 No.231  

鮭遡上のニュース 興味を持って拝見し、爾来雑念がフツフツと湧いてきております。
〔造ずとは言え この時期の鮭は産卵の本能で川を遡ったのでしょう。従って再び海に還ることなくそのまま上流に上ったと想いますが、和泉川の上流って何処?
⊆命燭砲茲襪般造すんだ鮭は数匹のようですが、オス・メスそろっているのかな?
和泉川は区内で行止まりのようですが、そこで産卵したのかな?
O太川を故郷とする鮭が誕生したら どんなに素晴らしいことだろう。
迷い込んだ鮭は今頃どうしているのかな?と考えていたら何だか切なくなってきました。これも寂寥の秋のなせる技でしょうか?  気まぐれ所感とはいえ、こんなこと投稿したら笑われるでしょうね。
羅漢さんもパソコンのお勉強投稿者: nyse 投稿日:2009/11/18(Wed) 12:21 No.230  
柿生の里にパソコンの好きな羅漢さんがいるとの報を受け、生来の好奇心が
ムラムラ! 早速取材に向かいましたが、当日は強い冷たい雨。
いろいろ調べていたら、こんな写真が見つかりましたのでご披露します。 
ここには、愉快な羅漢さんが他に大勢おられ、
将棋を指したり、尺八を吹いたり、腕相撲をしたり、誰かに携帯電話をかけたり、
お酒を酌み交わしたり・・・そうそう深刻な悩みを抱えた羅漢さんもいました。
折を見て逐次ご案内したいと考えています。
羅漢さんのいるお寺は、アジサイや彼岸花で有名な名刹との由.
その季節になったらご一緒できるといいですね。
台風の影響は?投稿者: tujikawa 投稿日:2009/10/10(Sat) 06:28 No.221  
皆さん、

台風で被害は受けなかったですか?
愛知県や埼玉県などで橋が流れたり、突風で家が倒れたりしましたが。
横浜は風が強かっただけで大きな被害は無かったようですね。

個人的には、8−9日御殿場で予定していた2年振りの
大学のクラブ同窓会が取り止めになり
この半年間色々準備していた幹事ががっかりしてました。
(広島、神戸、京都、栃木など全国から集まる筈だった)

それと9日に東京まで、太極拳の練習に行ったら普段14人のメンバーが僅か5名。
JRが止まったため、来れなかったのです。

まあ、誰もケガしたり、家が壊れたりしたわけではないので、
どちらも大した問題ではありません。
近々、同窓会幹事を交え、残念会を開くことになっています。
奥穂高岳登山投稿者: 辻川和伸 投稿日:2009/09/24(Thu) 21:02 No.217  
連休の19〜22日、北アルプスの奥穂高岳に登ってきました。
奥穂高岳は標高3,190米、富士山、南アルプスの北岳に次いで日本で3番目に高い山です。
登山基地となる上高地が標高1,500米なので実際に登るのは1,700米、

僕は、これまで奥穂高岳には3回登りましたが、それは20年以上前、壮年時代の話。
66歳の今は、無理せず、一番易しい上高地から明神、徳沢、横尾、涸沢ヒュッテを通る往復コースを選びました。
これだと、コースタイム合計で16時間40分なので3日かければ余裕で登れる筈です。
一緒に登ったのは大学時代のワンゲル仲間S君。

9月下旬の北アルプスは年によっては初雪が降ることもありますが、
幸い、今年は暖かく、特に山歩きの2日目(明神−涸沢ヒュッテ)、3日目(涸沢ヒュッテー奥穂高岳往復ー横尾)は、
快晴無風という絶好の登山日和、頂上からは360度の視界を楽しむことができました。

連休とあって登山客も多く、涸沢ヒュッテなどは定員150名のところに520名宿泊、
タタミ2畳に5人が頭と足を交互にして寝る状態、こんなギュウ詰めで寝たのも久し振りでした。
嬉しかったのは、幼稚園〜小学生位の子供連れを10組以上見掛けたことと、若い女性が予想以上に多かったこと。
つい最近、NHKテレビで3週間かけた立山−穂高縦走番組を紹介したので、
登山がまた恰好いいことと見直されてきたのかも知れません。

60歳を越えると3,000米を越える山に登ることを躊躇する人が多く、今回も相棒を見つけるのに苦労しました。
でも、一日当たりの歩行時間を6時間程度に押さえれば、体はそれほど疲れません。
これからも、無理せず、あちこちの山に登るつもりです。
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 |
21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 |

このプログラムは KENT 氏の yybbs を xoops(PHP) に移植したものです
- KENT -